債務整理の費用を安く抑えることって出来る?~賢い債務整理方法~

債務整理の費用を安く抑えることって出来る?~賢い債務整理方法~

債務整理の費用を安く抑えることって出来る?~賢い債務整理方法~

債務整理というと、大きく分けて自己破産、個人再生、任意整理が代表的なものとなっています。それぞれにかかる費用や時間なども異なりますし、利用者にとって負担が軽くなる範囲も変わってきます。そのため、債務整理をするときには、まず弁護士や司法書士といった法律の専門家のところに相談に行き、どの方法が望ましいかを決定した上で手続きを依頼するという流れになっています。費用の相場は受任する内容によって変わってきますので、どれくらいかかるのかをあらかじめ確認しておいた方がよいでしょう。
債務整理の内容ごとの相場は、大まかに見て個人再生が最も高額になります。実費は破産と同じで2万円程度となりますが、作成する書類が複雑になりますし、時間もかかりますので30~50万円程度の書類作成費用がかかります。一方、破産申し立ては比較的短時間で完了しますので、相場は20~30万円程度となっています。任意整理は裁判所に提出する書類を作る必要がありませんので、一社あたり2~5万円程度となっており、債権者数が少ない場合にはかなり安い金額で手続きをしてもらえます。もちろん、これ以外にも管財人や再生委員に支払う報酬が発生するなど、突発的な支出もあります。手続きを依頼するときに、最大でどれくらいの金額を用意しておくべきなのかを聞いておくとよいでしょう。受任後は毎月の支払いはストップしますので、その間にお金を貯めておくことをおすすめします。