債務整理後のクレジットカード使用にまつわる疑問※お答えします!

債務整理後のクレジットカード使用にまつわる疑問※お答えします!

債務整理後のクレジットカード使用にまつわる疑問※お答えします!

債務整理をするとデメリットとしてブラックリストに入ることが挙げられますが、必ずしも入るとは限りません。
そこには個々の利用期間と金利が関係しています。
カードローンは通常であれば、更新を重ねて長期の利用が可能です。
この長期の中で利息制限法以上の金利、いわゆるグレーゾーン金利の利用があると相当の過払い金が発生している可能性があります。
クレジットカードに付帯されているキャッシング・サービスも同じことが言えます。
仮に債務整理で精査して過払い金の発生があり、それが債務を相殺してプラスになるようであれば、過払い金の返還請求が主体となり、ブラックリスト入りを免れます。
任意整理のような利息制限法の引き直す債務整理では出てくるケースです。
従って、必ずしも債務整理イコールブラックリスト入りではないのです。
債務整理の中でも自己破産や個人再生となるとブラックリストに入り、以降のクレジットカードの利用もできなくなり、作ることも一定の期間はできません。
また、任意整理や特定調停でも過払い状態ではなく、債務自体を減額した場合は信用情報機関に載ることになります。
要はポイントは過払い金の発生と金額で、これがブラックリストとして掲載される分岐点とも言えます。
クレジットカードに関するデメリットではブラックリスト入りの他に、月々の支払いをカード払いにしているケースもあります。
決済サービスにカードを指定しているところも多いのですが、その場合は年間の費用が一括払いになるか、サービスが受けられないこともあるので注意が必要です。