債務整理のメリット・デメリット※債務整理についてきちんと知ってる?

債務整理のメリット・デメリット※債務整理についてきちんと知ってる?

債務整理のメリット・デメリット※債務整理についてきちんと知ってる?

債務整理には、借金を減らすことができるメリットがあります。
減らせる額は債務整理の方法によって異なりますが、借金の返済に困っている人にとっては、これ以上ないメリットと言えるでしょう。
しかし、債務整理には借金を減らせるメリットもあれば、その後の生活に悪影響を与えるデメリットもあります。
デメリットは、減らせる借金の額と同じように債務整理の方法によって違い、減額幅が大きいほどデメリットも大きくなります。
特に借金を帳消しにできる自己破産の場合には、不動産の売却、財産の没収など、デメリットがかなり大きいです。
自己破産をして借金を帳消しにできても、その後の生活で苦労することもあるでしょう。
借金がなくなり生活は楽になりますが、必ずしも楽になるとは限らないのです。
不動産の売却や財産の没収などのデメリットがあるなら、債務整理を躊躇うかもしれません。
しかしデメリットが大きいのは、借金を帳消しにできる自己破産のみです。
任意整理や個人再生なら、不動産を売却する必要もありませんし、預貯金などの財産を没収されることはありません。
任意整理の場合なら、ブラックリストに名前が載ってしまうことぐらいです。
このような生活にはあまり悪影響を及ぼさないデメリットでありながら、任意整理や個人再生をすると借金は減らすことができます。
返済額が減れば生活を立て直すことができるので、借金が返済不能になったときには、素直に債務整理をするのが賢明です。