債務整理に必要な条件をまとめてみました【初めての債務整理】

債務整理に必要な条件をまとめてみました【初めての債務整理】

債務整理に必要な条件をまとめてみました【初めての債務整理】

借金の返済が当初の計画通りに行かなくなったり、行き詰まってしまった場合に行われるのが債務整理です。債務整理の目的は、その時点から見て債権者に返済可能な額に減額してもらうことですが、不可能である場合には一定価値の財産を失う代わりにすべての債務が免除になる自己破産という形で、債務整理を行います。
債務整理に決まった条件はありませんが、一定の目安として収入に対して返済が厳しくなってきた段階で行われます。一般には、収入のうち3割程度が無理なく返済に充てる額と言われています。しかし、借金の総額が大きくなると返済の回数を増やして収入の3割以内に抑えても借金が減らない状況に陥ります。これは長期間借りれば借りるほど金利が掛かり続けるためで、元金が一向に減らないために起こるものです。つまり元金の返済が出来なくなった時点が債務整理の条件といえます。
この場合には、金利の低い商品に借り換えるか、弁護士や司法書士などに仲介してもらう任意整理で将来発生する利息の免除を求めると現実的に返済が可能になります。ただし、任意整理は相手の同意が必要であるため、合意に至らないケースもあります。
一方で自己破産はすべての財産を失う上に法的なペナルティもあり、経済的にも社会的にもダメージが大きいものです。そのため、個人再生と呼ばれる手段があります。個人再生を受ける条件は借金の総額が5000万円以下であり、将来の収入が安定していることが条件です。個人再生ではおおむね借金が5分の1になり、再生計画案に沿って返済を行っていくことになります。